ロゴ日本側彎症学会

側弯症とは
(治療について)

側弯症の治療はどのように行われるか?

スコリー先生とオーシス君と一緒に学んでいきましょう。

スコリー先生の顔
スコリー先生
ピー助の顔
オーシス君
二人の紹介はこちら →

スコリー先生側弯症の程度や年齢で治療方法が変わってきます

医学的根拠のある有効な治療法は、装具治療と手術治療です。側弯症の程度や年齢などを考慮して、以下の方法を選択します。

1.装具をつけない経過観察

成長期に側弯症が25°未満の軽いカーブの場合は、定期的なX線検査と整形外科医による診察を受けることが大切です。進行した場合は装具治療に移行します。

2.装具治療

一般的に側弯が20°~45°程度の中等度の側弯症の場合は、進行防止のために装具治療を行います。装着時間が長いほど効果があります。
成長が止まり、骨が成熟して側弯の進行もなければ、徐々に装具装着時間を減らし、装具治療を終了します。

装具治療の流れ
アンダーアーム装具

3.手術治療

高度の側弯症を矯正し進行を防止できる唯一の方法は手術です。リスクをゼロにすることはできませんが、現在では適切な予防や対処も行われ、手術治療の安全性が向上しています。

手術前と手術後のレントゲン写真

オーシス君軽度の場合は、経過観察で大丈夫なんだ

ページトップへ